キャッシングの審査基準が意味すること

お金を借りる際には、何らかの審査が必要となり、その審査に通れば融資を受けることができるようになっています。
MENU

キャッシングの審査基準が意味すること


キャッシング,審査基準

お金を借りるということはやはり信用問題です。 きちんと返済の責任を果たしてくれる人に融資したいというのが、業者側の気持ちです。 そのために、お金を借りる際には、何らかの審査が必要となり、その審査に通れば融資を受けることができるようになっています。 審査は、消費者金融、銀行、カード会社などによってそれぞれ基準がありますが、それではキャッシングの審査基準にはどのような項目があるのでしょうか。 職業や性別、年齢などを聞かれるのは勿論ですが、まず、勤続年数や年収は大きな審査項目です。 勤続年数が長いほうがやはり信頼性が高まります。 そして融資の金額が高額であれば尚更、年収によって債務能力の有無が判断材料になります。 個人が借り入れられる総額は、年収の3分の1までです。 また、住居が持ち家か賃貸かという確認があります。 俗に言うブラックリストに載っている場合は、まず、融資してもらえる会社を探すことはかなり難しくなります。 ブラックリストというのは、債務能力において、遅延であったり、自己破産などの債務整理をした事実がある人が載せられていますが、やはりこれらに名前が挙げられている人は一定期間、融資はほぼ受けられません。 このリストに載っていなくても、審査項目には他社にどれくらいの借り入れがあるかという確認があります。 3ヶ月以内に多重の借り入れをしている場合は、審査で不利になります。 これらは、スコア制で、判断されることが多いのですが、それぞれの項目をコンピューターで数字にして計算し、最終的に出たスコア数で融資の判断がされるしくみになっています。 すべての項目においてやはり重きが置かれているのは、その人がきちんと債務を果たせるかという点なのです。

メニュー

    メイン カテゴリー
  1. TOP|キャッシング即日振込
    職種別即日振込 カテゴリー
  1. 職種別で即日振込する
  2. アルバイト・パート即日振込
    キャッシング専門知識
  1. TOP|キャッシング専門知識

 

関連ページ

様々なキャッシングの返済方式と返済方法
キャッシングの返済方式には、1回払い、リボルビング払い、最低返済金額方式など様々あります。
このページの先頭へ